ホーム > 事業案内 > 溶接ロボットの修理・点検・教示

事業案内

事業案内

溶接ロボットの修理・移設・教示
修理工事
移設工事
点検工事
ティーチング作業
スクール
オペレーター教育
パーツセンター
検査・据え付け

溶接ロボットの修理・点検・教示

修理工事

サービス担当エリア

溶接ができない、いつもと違う音がする。ガタが多い等、通常と違う状況となった場合には、弊社お問い合わせ窓口までお電話ください。状況をお聞きし、電話での対応、修理部品の送付、出張修理、引き取り修理等の対応をさせていただきます。

溶接ロボットARCMANを中心とした、鉄骨構造物建設機械部品等の溶接システム
ARCMANTM 
-RON、-XL、-SR、-MP、-GS
-RON mk II、-XL mk II
半自動溶接、専用機等でご使用いただいている溶接電源
SENSARCTM 
-CS350MK2、-CS500MK2、
-UC350、-UC500、
-AB500、-CPDP500、
-HP500、-LS350D、
-NewPC350
造船所、橋梁鉄構工場で活用していただいているサブマージ溶接装置

FCB、RF、BOX4電極

可搬式溶接装置

PICOMAX-2Z、SEGARC-2Z、TILシリーズ等

可搬型溶接ロボット「石松」を中心とした溶接ロボットシリーズ

小型可搬型溶接ロボット
(製品名「石松」シリーズ)

補修期間終了機種 次の機種につきましては、保守期間(修理・部品販売)が終了しています。ご高配を賜りたく、宜しくお願いいたします。

ロボット(ARCMAN-)

S、EX、GX、VXシリーズ(ARCMANTM-VX、PX、Z、POCO)

溶接電源(SENSARC-)

SP350/SP500、ES350/ES500、AL350、PC350

溶接装置

MIGTRAIN、ニューFXフィーダ、OH-AUTO、SM11、SUBSTAR-S、-T、エンクロ治具

pagetop

移設工事

サービス担当エリア

工場内のレイアウト変更、工場の移転、機器の転売等による、溶接ロボットシステムの移設工事のご依頼をお受けしています。

移転作業前のシステム設定の保存、不具合部品・不足部品の確認

本体及び機体配線の解体

輸送トラック、荷揚げ荷卸し機器の準備

据付準備

据付作業

検査・調整作業

ティーチングデータの修正

オペレーター教育の実施

試運転

操作指導

お客様で移設される場合、次の不具合発生が懸念されます。

溶接ロボットの部品の破損が起こった。

内部データが消失して溶接ロボットが作動しない。

据付精度が低いため溶接が出来ない。

移設後の修理保全を円滑に行う為には、移設後の情報が必要となります。移設の際は、ご相談いただきたく、宜しくお願いします。

pagetop

点検工事

サービス担当エリア

定期的な点検は、稼働中のロボットシステムを、できるだけ健康な状態で使用するために行います。点検によって損耗等の進行具合をチェックし、必要に応じて重大トラブルとなる前に、必要部分のオーバーホール、部品交換等をおすすめいたします。ご依頼いただいた点検工事の範囲内で対応できる内容についてはその場で実施させていただきます。お客様の状況に応じた点検内容をご提案させていただきます。

点検工事メニュー

1.定期点検2.技量付加試験前点検3.簡易点検4.あんしんサポート点検

あんしんサポート点検

お使いの溶接ロボットシステムの点検を行います。継続した点検の実施により、急なトラブルを未然に防ぎます。また、点検訪問時には、普段お使いいただいていて持たれた疑問、技術的な相談にもご対応します。

溶接電源(SENSARC-) SP350/SP500、ES350/ES500、AL350、PC350

実施内容 ・年2回 訪問 ・所要時間:半日/回 ・ロボットの診断 ・技術相談 ・部品交換作業などにも対応します。

pagetop

ティーチング作業

経験豊富な当社ティーチングマンがお客様に代わりワークのティーチングを行ないます。「忙しくなかなか時間が取れない」、「難しい部位への適用をしたい」、「溶接不良を減少させたい」、「生産効率を向上させたい」等々気軽にお問い合わせください。ティーチングのみではなく、適切な溶接施工等のご相談も対応できます。

ご依頼先はこちら

ティーチング作業の流れ

お使いのロボット製造番号とワークの図面を提供いただきます。ロボットが稼動していない日をご連絡いただき、訪問日程を決定いたします。ティーチング作業実施

pagetop